整形のエラ削りのリスクについて

リスクも考慮した上で治療に臨もう

思い切ってコンプレックスを解消顔にメスを入れると思っていたけどリスクも考慮した上で治療に臨もう

術後10日程でマスクをはずすことができました。
術後1週間までは硬いものが食べられず、やわらかいものを小さく刻んで食べるようにしていました。
寝ていると顔が腫れやすくなると言われたので、なるべく歩くように心がけていました。
そのお陰かマスクをたった頃にはずっと長年悩んでいたエラ部分がなくなり、シャープなフェイスラインになっていました。
ダウンタイムは正直大変なこともありましたが、仕上がり具合を見て、本当に治療を受けて良かったと思っています。
エラ削りは腕のある医師が行うことが大切だということを実感しました。
顔に傷跡も残っていないため、とても自然な仕上がりになりました。
今ではエラを気にせずにショートヘアも楽しめるようになりました。
コンプレックスが解消され、前向きに毎日を送ることができています。
リスクを知った上で治療にのぞむことの大切さを学び、とても有意義な人生経験となりました。

エラの整形したことある人エラボトックス・ボツリヌストキシン注射