整形のエラ削りのリスクについて

顔にメスを入れると思っていたけど

思い切ってコンプレックスを解消顔にメスを入れると思っていたけどリスクも考慮した上で治療に臨もう

全身麻酔以外のリスクとしては、術後の腫れや痛み、知覚麻痺、気道閉塞による窒息などがあることを知り、覚悟が必要だということかわかりましたが、症例数が多く、腕がよいと評判のクリニックに行ったので、信頼して治療を受けることにしました。
手術前には下顎角の3Dをとり、自分が希望するフェイスラインのシュミレーションを行いました。
安全に手術ができる範囲内での治療でも、十分満足のいく仕上がりになりそうだったので、手術の予約をして帰宅しました。
骨切りと同時に下顎の脂肪吸引を行うことをすすめられました。
脂肪吸引を行なった場合、下顎角を削った際に生じる可能性のある皮膚のたるみを回避できるとのことでした。
術後改めて脂肪吸収をするためには、一体定期間をあける必要があるということだったので、一度で治療を終わらせられるようにお願いしました。
実際に手術は成功しました。
ダウンタイムがあることをあらかじめ聞いていたので、2週間ほど休みをとり、回復の時間にあてました。
外出をする際にはマスクをすれば気づかれない程度だったので、買い物などはストレスなく行くことができました。